初めてのバイアグラ

バイアグラに興味があっても、初めてのときは不安があるかもしれません。

 

値段や副作用のこと、ひょっとして偽物をつかんでしまう可能性を心配し始めると切りがありません。

 

しかし、バイアグラはきちんとしたところから購入して用法用量をよく守って使用すれば、問題は少ない医薬品なのです。

 

 

ご存知のとおり、バイアグラはEDの治療薬です。

 

病院で医師から処方してもらうのが基本ですが、他にもインターネットの個人輸入などで購入することもできます。

 

個人輸入で誰にも知られずに購入することができたり、EDの治療を行う病院が増えてきたことからも、バイアグラの使用に後ろめたさを感じる人は少なくなってきました。

 

意外にも、男性の多くが悩まされている病気だということも、逆にEDの男性を自分だけではないと勇気付けているようです。

 

治療薬があるのですし、バイアグラを使ってみない手はありませんよね。

 

ただ、バイアグラを使用するときには、併用してはいけない薬があります。

 

また、持病のある人は服用になおさら注意しなければなりません。

 

 

バイアグラの値段が気になる方は、最初は病院で医師から処方してもらい、その後は個人輸入で購入するという方法もあります。

 

初めての場合には何かと注意したいことが多いので、病院で処方してもらうのが無難です。

ED治療薬の種類

ED治療薬として日本国内で認可されている医薬品は、バイアグラ以外にも存在します。

 

製薬会社が正規に国内で販売しているのは、3種類です。

 

名称は、バイアグラ、レビトラ、シアリス。

 

3つの薬はどれも血管拡張作用を持ち、ED治療を目的としています。

 

しかし、有効成分はそれぞれ異なり、特徴も違うので注意してください。

 

 

バイアグラの主成分にはシルデナフィル、レビトラはバルデナフィル、シアリスはタダラフィルが用いられています。

 

世界初のED治療薬で知名度も高いのは、バイアグラです。

 

それに対して、レビトラは即効性が特徴、シアリスは36時間もの長時間作用が特徴です。

 

ただ、それぞれの特徴には個人差があり、副作用の感じ方も違います。

 

バイアグラが一番効くという人もいれば、レビトラは効かないけれどシアリスなら効果があったという人もいるわけです。

 

バイアグラよりもレビトラが効いた、という人もいるでしょう。

 

どの薬が一番自分に合っているかは、3つをそれぞれ試してみて確かめるのがよいでしょう。

 

間違っても、3つを一度に服用するのは止めてくださいね。

 

 

他にも、ジェネリック医薬品やコピー薬なども存在します。

 

コピー薬の全てが偽物というわけではありませんが、購入する場合は信頼できる輸入代行業者を見つけることが先決です。

レビトラジェネリックの価格

レビトラの後発医薬品として発売された、レビトラジェネリック。 一番気になるのは、その価格ではないでしょうか。 安いのは確かだとしても、正規品に比べてどの程度安いのかを知りたいところですよね。 レビトラの廉価版ともいうべきレビトラジェネリックには、レビトラの成分がほぼ同じく引き継がれています。 効果や副作用は、レビトラの正規品とほとんど同じなのです。 しかし、開発費が不要だったぶん、レビトラのジェネリックは正規品より格段に安くなっているはずです。 正規品よりもジェネリックを安く設定するというのは、法律でも定められていることです。 実際には、どのくらいの値段になるのでしょうか。 レビトラジェネリックには、3種類の医薬品が出ています。 バリフ、バルデナフィル、ビットリアというのが、その3種類です。 バリフは1錠が900円、バルデナフィルは1050円、ビットリアは675円程度とかなり差があります。 これは、ジェネリック医薬品の中でも先発と後発があるからです。 最も安いレビトラジェネリックに関しては、本当に気軽に購入できてしまいそうですね。 レビトラジェネリックは、シートタイプになっています。 製造のコストも、錠剤にするよりは安いのかもしれません。 他の2種類も、正規品のレビトラに比べれば、半額以下の価格です。 日本では今のところ、個人輸入でのみ購入できるレビトラジェネリック。 価格だけでなく、どの薬が自分の体に合うかもしっかり確認してください。
バイアグラ格安通販の輸入代行インポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/